NORTHERN FARM RECRUITING INFORMATION ノーザンファーム 採用情報

調教スタッフ(しがらき)

森 英之 2007年入社
ジェンティルドンナをはじめ数々の名馬を調教する西の最前線

紆余曲折を経て

 競馬に興味を持つようになったきっかけは兄がやっていたテレビゲームからで、次第に父と一緒に競馬のテレビ中継を観たりラジオを聞いたりして、競馬にのめり込みました。
 中学生の頃、ジョッキーになりたいと思い募集要項を調べましたが、体重が制限をオーバーしていましたし、当時は身長が170cm近くありましたので、減量も厳しいということで断念しました。その後はきっぱり馬の道を諦めようと馬術部が存在しない高校に進学しましたが、友人から「大阪に馬のことも学べる動物関係の専門学校があるみたいだよ」という話しを聞き、馬への道をふたたび意識するようになりました。
 専門学校へ進学後は実際に馬に触れ、騎乗することで毎日が楽しく、また競馬業界に携わる方法はいろいろあることを知り、子どもの頃に抱いていた興味が職業になりました。

馬の変化を読み取る楽しさ

 私たちのミッションは馬に調教をつけ、日々健康管理をすることです。詳しく説明すれば、トレーニングのために騎乗し、疲れた馬の心身を癒すためにも軽い運動をする。馬が清潔な環境で過ごせるように馬房を清掃する。馬は繊細な生き物なので調教後は必ず馬体をチェックしますし、また餌の食べ方や厩舎での過ごし方もよく観察して、体調を崩していないか、怪我をしていないかなど、様々なリスクに注意を払います。
 騎乗する時は“馬も人も怪我をしないこと”を一番に考えています。万が一落馬すれば乗り役は怪我しますし、放馬すれば馬も怪我をする可能性がありますから、馬に乗ることは楽しいですが、責任を覚悟して臨みます。
 馬房で大人しい馬も調教でうるさい馬も、また牡馬も牝馬も、よく観察すれば表情や雰囲気は毎日違っていて、調子の良し悪しでも大きく異なります。このあたりは経験を積んでいけば自ずと分かってきます。最初は私も上司や先輩が話していることがさっぱり理解できませんでしたが、最近になってようやく少し掴めてきたような気がしています。

社内レクリエーションではフットサルチームを結成

 ノーザンファームしがらきでは、牧場敷地内に寮と食堂が完備されており、起床後はすぐに出勤できます。寮の環境や設備面は何の不自由もありませんし、とにかく馬が近くにいる環境で生活できることに私は大満足です。寮費は光熱費を含めて全て給与から控除され、食事も栄養を考慮した献立で3食摂れますので、とても安心して生活できます。
 またスタッフ間の交流を目的に、会社がレクリエーション制度も設けていて、しがらきではフットサルと野球をメインにしています。そのほか、会社の労務体制も万全で、万が一怪我をしてしまった際の労災保険の手続きや手厚い休業補償もありますので、怪我をした時は本当に助かりましたね。また信楽だけではなく、福島の天栄や北海道の早来、空港と全部で4ヶ所の調教施設があるので、他拠点への研修や海外派遣研修制度など、学べる環境は十二分に整っていると思います。
 入社時は北海道に配属されましたが、そこで学んだ経験が今に活かされていると実感しますし、これからも様々な経験をさせてもらえる環境にわくわくしています。

若手も積極的に登用する職場

 ノーザンファームは活躍馬や有名な血統の馬に“見て、触れる”ことのできる牧場です。就業後にはナイター設備を利用して、夜間でも乗馬練習ができます。そこでスキルを上げていけば、若手でも調教で騎乗するチャンスは増えますし、近隣で行われる馬術大会に参加することもできます。自分次第でいろいろとチャンスが掴める会社だと思いますよ。
 競走馬にしても乗馬にしても、馬に乗ることで馬から教えてもらうこともたくさんありますので、牧場内に多くの馬がいるということはその分だけいろいろなタイプの馬から学べるという点もノーザンファームの魅力だと思っています。
 競馬史に名を残すような馬やこれから活躍を期待される馬など、良い馬に騎乗できるかどうかは巡り合わせもありますが、意欲があれば積極的にチャンスをくれますので、努力を惜しまない貪欲な方と仕事がしたいですね。

ある一日のスケジュール

  • 5:00
    出社
    一頭目ウォーキングマシーン、馬房清掃などの厩舎作業
  • 6:20 ~ 12:00
    調教(4,5鞍)
    調教後の馬のケア、鞍の合間に休憩など
  • 12:00 ~ 14:25
    昼食、休憩
  • 14:30 ~ 16:30
    馬のケア(馬体チェック、水冷、ブラシ掛け) 獣医チェック、蹄鉄装削、エサ作り
    厩舎備品などを確認し、翌日の仕事に支障がないように準備
  • 16:45
    終礼(一日の確認事項、翌日の注意点などの確認)
▶ 前に戻る
BACK TO TOP